薬キャリの評判や口コミの実態|薬剤師が実際に使った感想、メリットやデメリットも

薬剤師の大手転職サイトの一つである薬キャリについて、その評判や特徴、実際に使用した感想などについて確認していきましょう。

薬キャリの評判と感想

まずは、薬キャリを実際に使った人の評判と感想を確認していきましょう。

薬キャリの評判①

初めての転職で手探りの状態でしたが、担当者の方がとても親身になってくれ、自分の条件にあった転職先を見つけてくれました。

提示した条件は、①これからの薬剤師に求められるスキルを身につけることができる、②人間関係が良好な職場、③年収が600万円以上、という内容であり、自分としても比較的厳しい条件だったと思いますが、無事に条件を満たす職場に転職することができました。

もし、また転職する機会があれば再度薬キャリを利用したいと思います。

上記の人は初めての転職の例です。

かなりの好条件を求めての転職のようですが、無事に条件を満たす転職ができたようで、満足している様子が窺えます。

上記のような条件でも転職先を見つけられるのは、薬キャリの求人件数の多さと、質の高さ故ですね。

実際に検索してみるとわかりますが、薬キャリであれば600万円以上という条件でもある程度の数の求人を見つけることができます。

薬キャリの評判②

ライフワークバランスを求めての転職でしたが、無事に土日休みで毎日定時で帰ることができ、休日出勤もほぼない職場に移ることができました。

極力残業がない職場ということで探してもらいましたが、登録の翌日には複数の候補を挙げていただき、転職活動をスムーズに進めることができました。

今すぐにでも転職をしたいという人にはオススメできるサイトです。

上記の人はライフワークバランスを求めての転職ですね。

近年はこのようにプライベートの時間を大切にする働き方を求める人も多いため、そのようなニーズに合った求人を見つけるのも薬キャリであれば問題ないと言えるでしょう。

今やコンビニよりも多いと言われている薬局ですので、残業がない職場への転職はさほど難しくありません。また、病院や企業でも現代では残業が当たり前という風潮は薄れてきているので、きちんと探せば自分の求める職場が見つかる可能性は高いと言えるでしょう。

薬キャリの評判③

子育てのブランク明けの転職で少し心配でしたが、曜日や時間を限定して自分の働ける職場を見つけることができました。

子供の病気などで急に休みが必要になった場合も対応してもらえる職場で助かっています。

仕方ないのかもしれませんが、転職後も熱心な勧誘メールが来るのは、少し「う〜ん」と思いました。

上記は子育てのブランク明けの人の評判ですね。

曜日や時間について自分の条件に合った職場を見つけることができ、さらに急な休みにも対応してもらえる職場のようです。正直、子供を持つ親にとって、自分が元気でも子供が病気をすると休まざるを得ないケースも多いです。

そのような職場を見つけることができるのはありがたいところですね。

最後は少し薬キャリのデメリットと言えるような点も感想として挙げられています。

転職活動が終わった後も、求人のメールが送られてくるという点ですが、新しい転職先で満足している場合は確かに少し煩わしいですね。

しかし、このようなメールはどのような転職サイトでも送られてくることなのである意味仕方ないですね。メールの登録を解除するなどで対応が可能なので、そこまで大きなデメリットではないでしょう。

薬キャリに実際に登録した感想と流れ

続いては実際に私が薬キャリを使用した感想について紹介していきたいと思います。

以下の登録画面から実際に進んでいきます。

薬キャリ 評判

実際に登録するとすぐに電話がかかってきて、こちらの希望する条件などを聞かれました。

聞かれた内容はおおよそ以下のような内容です。

・住所の確認と希望する通勤場所、通勤可能圏内
・希望の職種(調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業など)
・雇用形態や希望年収、勤務時間、休日日数など
・就業開始の時期
・管理薬剤師、かかりつけ薬剤師、在宅などについて、経験や就業の可否
・現在までの職歴、現職の内容、転職理由など

上記の内容を回答してから翌日には希望に沿った案件がいくつか紹介されます。

それに対して返答すると、早ければ翌週くらいには面接の予定を組んでくれます。

実際に使用した感想は、かなりスピーディに対応してくれるという印象と、担当者が当たりだったのか、紹介してくれる案件も割と要望を満たした、満足できる内容でした。

私の場合は、時間をかけて複数の求人を確認したましたが、もし今すぐ転職したいという人であれば、最短だとおそらく1ヶ月かからずに次の職場を決めることができるでしょう。

担当者に当たり外れはおそらくあると思いますが、少なくとも私が経験した範囲では、頼りになる担当者という印象でした。

twitter上での薬キャリの評判は

薬キャリの評判はツイッターでもいくつか確認することができます。

例えば以下のツイートです。

こちらはとにかく多くのスカウトが来るということをツイートしていますね。まさにこの通りで、薬キャリは一度登録すると、正直転職先には全く困らないのでは?と思うくらいに多くの求人情報が届きます。その理由もここに書かれている通りですが、多くの提携があるためにあらゆる求人情報が薬キャリには集まってくるためです。雇用条件の質を確保するために、一定の求人数が必要ですが、薬キャリはこの点に関しては全く問題ないことが窺えるツイートですね。

他にも以下のようなツイートも見られます。

上記の通り、レスポンスは薬剤師の転職サイトの中でもトップクラスと言えるほど早いです。転職する気になった場合はサクサクと進めることができるでしょう。ツイートされている評判の通りと言えますね。

一方で欠点も挙げられており、記載の通り拠点が東京のみであるため、実際に担当者と会うとなると少し不便を感じる可能性がありますね。しかし、実際には薬キャリの担当者の方とはメールや電話でのやりとりのみが多いのであまりデメリットになる可能性は多くないでしょう。

ネット上の薬キャリの評判は

その他にインターネット上の薬キャリの評判についても確認していきたいと思います。

「満足いく転職活動ができた」、「担当のコンサルタントが良い求人を紹介してくれた」、「自分の希望通りの職場にいくことができた」など、良い評判もある一方で、「勧誘がしつこかった」、「担当者がイマイチだった」、「自分の条件に合うものが少なかった」などの口コミも見受けられます。

これらのあまりよくない評判に関してですが、「勧誘がしつこかった」というのは転職サイトなのでやや致し方ない部分もあります。正直この点は、どの転職サイトも多かれ少なかれ感じることであり、特にゆっくり転職活動をしようと考えている人にとっては煩わしく感じるケースもあるかもしれません。しかし、それだけ熱心に求人を紹介してくれるという裏返してでもあるため、この点は一長一短と言えるでしょう。

「担当者がイマイチだった」という点ですが、これについても可能性はなくはないのかと思います。特に担当のコンサルタントはどの他の転職サイトと同様、最初から選べるわけではありません。ある程度話をして自分と合わないと感じたら担当者を変更してもらうのも一つの手です。この点は他の転職サイトも同様であり、どうしても運次第な面もあるでしょう。

「自分の条件に合うものが少なかった」という口コミに関しても、どの転職サイトにおいても一定数見受けられますね。正直、転職先の条件を高く設定しすぎるとこのような状況になってしまう可能性もあります。薬キャリは求人件数は業界でも最大級であるため、薬キャリでも条件を満たす求人がなかなか見つからない場合は、少し条件を変えることも必要かもしれませんね。

薬キャリのメリットは求人件数の多さとスピード感

薬キャリを利用するメリットを前述の評判や口コミなどからまとめると、求人件数の多さとスピード感が挙げられます。

求人件数に関しては、提携コンサルタント企業として、大手の薬剤師転職サイトのマイナビ薬剤師、リクナビ薬剤師、ファルマスタッフなどとも提携しているため、とにかく薬剤師求人を網羅しているため、薬キャリに登録しておけば、好求人を見逃してしまうということがほぼなくなるというのが大きなメリットでしょう。多くの選択肢の中から、自分の条件に最もある職場を見つけることができます。

そして、スピード感についてですが、他の大手転職サイトを含めいろいろな転職サイトを利用してみた結果、薬キャリはトップクラスにレスポンスが速いという印象です。転職活動を早く進めたい人にとっては最も向いている転職サイトの一つと言えるでしょう。

その他にも、薬キャリに登録すると、副次的にm3.comのサイトコンテンツを使用することができます。

業界の最新ニュースページや薬剤師の掲示板などは特に有用なコンテンツの一つであり、転職後も継続して使用できるコンテンツです。

薬キャリのデメリットは連絡の多さか?

薬キャリのデメリットも挙げていきたいと思います。

圧倒的なスピード感ゆえに、登録後は電話やメールなどですぐに連絡がきます。

ヒアリングフォーマットなどの提出が必要となりますので、登録する際は自分の職歴などを整理しておくようにしましょう。

また、気になる求人を併せて連絡している場合には、その求人案件を担当している転職サイトからも連絡があります。

私の場合は、薬キャリを通じて、アポプラスステーションが担当している求人案件の問い合わせをしたため、アポプラスステーションからもヒアリングの連絡がきました。この点は複数の担当者に同じようなことを聞かれたりしたので、少し煩わしかったですね。複数の転職サイトを利用している場合、自分がどの会社とやりとりしているのがごちゃごちゃしてしまうという感覚もありました。このような点は提携コンサルタント形式をとっている薬キャリのデメリットと言えるかもしれません。

また、前述の口コミでも記載がありましたが、転生先が決まった後も、求人情報などが定期的に送られてきたりします。まぁ登録を解除すれば良いだけですが、多少の煩わしさはやはり感じるのでデメリットといえばデメリットですね。

薬キャリの特徴

薬キャリは日本最大級の医療従事者専用サイトであるm3.comが運営する薬剤師の求人サイトです。

求人数は5万件以上で業界最大級と評判

その特徴としてまず挙げられるのが求人件数の多さです。全国の5万件以上の求人が公開されており、その数は薬剤師の転職サイトにおいても最大級です。

また、薬キャリは全国の提携コンサルタント企業の薬剤師求人を一括で探せるという特徴もあります。

以下が提携コンサルタント企業であり、薬キャリに登録をしておけば、他のコンサルタント企業の良求人を逃してしまうという心配もほぼなくなります。

薬キャリ 特徴

薬キャリ職場ナビは企業ごとの口コミをチェックできる

薬キャリの優秀なコンテンツの一つとして、職場ナビがあります。

この職場ナビでは、口コミ投稿という、各会社の実際の社員などの口コミをまとめたものを閲覧できる機能があり、実際の職場の雰囲気を知ることができます。

正直、転職先を検討しても、実際の社員の正直な声などは聞く機会が限られますが、この口コミ投稿の機能を使って、口コミを閲覧することで、実際の職場の評価を知ることができ、転職を成功させられる可能性が高くなります。

この機能だけでも薬キャリを使う価値はあり、おすすめしたい特徴の一つと言えます。

薬キャリの薬剤師の転職成功ガイドも有益と評判

薬キャリのコンテンツの一つに「薬剤師の転職成功ガイド」もありますが、これも非常に有益と評判です。

転職しくじり薬剤師の失敗事例など、失敗した事例を知ることで、転職の失敗を未然に防ぐことができたり、求人倍率や地域データなどをまとめた記事があったりと転職活動に非常に薬に立つ情報が満載のコンテンツです。

薬剤師の職種(薬局のほか、病院薬剤師、ドラッグストア、公務員薬剤師など)や雇用形態(正社員、派遣、契約社員、パートなど)をまとめた記事や、管理薬剤のメリット・デメリットなど多くの知識を得られる内容があるので、薬キャリに登録したら是非とも使いたい機能の一つです。

薬キャリの登録方法と使用方法

薬キャリの登録方法、実際の使用方法についても確認していきましょう。

薬キャリは登録についても非常に簡単と評判のサイトです。

薬キャリの登録ページに移動して、以下のような情報を入力します。

・希望雇用形態
・希望就業時期
・希望業種(任意)
・名前、ふりがな、生まれ年
・都道府県、市区町村、電話番号、メールアドレス(任意)

これらの情報を入力すれば登録完了となります。

入力はおよそ1分くらいででき、当然利用は無料でできます。

登録後は営業時間内であればすぐに登録確認の電話がかかってきますので、この時に自分の希望する条件を伝えるようにしましょう。

この時に伝えきれなかったことは後から依頼することももちろん可能です。

なので、まずは登録して早めに好求人を連絡してもらえる状態にしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました